マガジンのカバー画像

民間企業サービス

29
民間企業のお客様向けの事業内容やサービス概要をお伝えします。
運営しているクリエイター

記事一覧

2024年未来保全会議 新しい設備保全のカタチ ~オンラインカンファレンスレポート~

こんにちは、note編集部の青木です。 5月16日(木)に製造業などの設備保全に関わる方々を対…

日光下駄で楽しく! 足元から健康になる1日~下駄フェス開催報告~

こんにちは!note編集部の鈴木です。 2024年4月20日(土)に、mekke日光郷土センター(以下、m…

海洋プラスチック問題、私たちの生活と環境に与える深刻な影響

こんにちは!note編集部の藤井です。 「海洋プラスチック」という言葉は、メディアに加え小学…

Jブルークレジット申請手引改訂版(ver2.4)について~前回からの変更点や申請方法を…

こんにちは!note編集部の藤井です。 前回は、「Jブルークレジット」の仕組みや特徴などを、全…

海洋プラスチック問題の解決への道~八千代エンジニヤリングの取り組みを紹介~

こんにちは!note編集部の藤井です。 これまで海洋プラスチック問題の解説や、海洋プラスチッ…

サーキュラーエコノミー(循環型経済)の事例について~飲料業界をモデルに、サーキュ…

こんにちは!note編集部の藤井です。 前回「サーキュラーエコノミーの事例について~飲料業界…

雑がみはどのように捨てていますか?「あつがみ」体験イベントレポート〜あつまれみんなの雑がみ実証実験スタート!

こんにちは!note編集部の藤井です! 新年あけましておめでとうございます。今年も当社に関する多くの情報を発信できればと思いますので、引き続きnoteをご覧いただけますと幸いです。 さて、みなさんは、紙製容器包装をどのようにごみとして出していますか? 日本の古紙回収率は79.5%(※1)と比較的高い一方、紙製容器包装の回収率は23.6%(※2)と低く、多くは可燃ごみに出されていると言われています。2018年以降、年々回収量が下がり続ける古紙の中で、貴重な資源となる雑がみを回

設備保全システム推進者の一歩目:導入のよくある不安と解決策~MENTENAオンラインセ…

こんにちは!note編集部の鈴木です。 今回は、12月12日に開催した「設備保全システム推進者の…

サーキュラーエコノミー(循環型経済)の事例について~飲料業界をモデルに 3R(Refuse…

こんにちは!note編集部の藤井です。 これまでサーキュラーエコノミー(循環型経済)分野の専…

未来を形作るテック!行動変容を通じた社会課題解決

こんにちは!note編集部の藤井です。 社会をより良くするための技術、シビックテックと行動変…

Jブルークレジットによるカーボンニュートラルへの道~「Jブルークレジット」の仕組み…

こんにちは!note編集部の藤井です。 前回は、ブルーカーボンの概念や炭素貯留のメカニズム、…

廃棄物管理からサーキュラーエコノミー(循環型経済)へ~日本の環境政策の進化につい…

こんにちは!note編集部の藤井です。 前回、サーキュラーエコノミー(循環型経済)分野の専門…

海を守ろう!海洋プラスチック排出量と削減への取り組み

こんにちは!note編集部の藤井です。 陸から海に流れ込むごみの内、約80%はプラスチックが占…

設備保全クラウドサービス「MENTENA」導入による業務効率化について解説!~オンラインセミナー報告~

こんにちは!note編集部の鈴木です。 日本の産業を支える製造業の課題の一つに現場のDX化が挙げられます。 近年、IT関連の設備投資は増えているものの、設備保全を現場で実施する上でのDX化はなかなか進んでいないのが現状です。 この記事を読まれている皆さまの中にも以下のような課題を抱えている方も多いのではないでしょうか。 今回は、11月14日に開催した「工場DX!システム導入による業務効率化」オンラインセミナーの様子をダイジェストでお伝えし、『MENTENA』で解決できるこ